ニーズホーム
ブログ
BLOG

ブログ

小上がり畳スペース 投稿日:2022.08.13

みなさんこんにちは!

今回は、小上がり畳スペースについてご紹介します。

小上がりとは、1つの空間に1段上がっているスペースのことを指します。

その小上がりに畳を敷くと、小上がり畳スペースになります。

では、小上がり畳スペースには、

どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

①座ってくつろげる

ちょっとした時、座れるスペースがあるのは便利ですよね。

段差があるところに椅子のようにして腰掛けたり、

畳スペースに座ってくつろぐことが出来ます。

隣の空間に座っている人と同じ目線になり、

自然とコミュニケーションが取れます。

小上がりの適切な高さは、

和室の用途や使用頻度などによって異なりますが、

最高でも400㎜程度以下がオススメです。

これより高くなると、

段差が大きすぎて使いにくくなります。

②収納スペースが増える

小上がり部分の段差を収納スペースにすることが出来ます。

こうしたちょっとした収納スペースでも、

生活用品やおもちゃを収納するスペースがあると便利ですね。

収納は、引き出しタイプと上開きタイプの2種類あります。

引き出しタイプにする場合は、引くスペースを確保しておくと良いでしょう。

デメリット

①バリアフリーではない

段差の上り下りが必ず発生するので、

お子様や高齢者の場合は、転倒・落下の危険もあるので注意が必要です。

②お掃除ロボットが掃除出来ない

段差があるので、お掃除ロボットは向いてません。

小上がりの場合は、別に掃除が必要になります。

小上がり畳スペース施工事例

最後に弊社の小上がり畳スペースの施工事例をご紹介します。

リビングの一角を小上がり畳スペースにした事例です。

メリハリが出来て、立体的でおしゃれな空間です。

ダイニングの片側を小上がり畳スペースにした事例です。

椅子に座るのが難しいお子様にとっては、

自由に座れる点や、ローテーブルになるので安心です。

掘りごたつを施工されたお客様もいらっしゃいます。

家族団欒のスペースとしても活躍します。

まとめ

今回は、小上がり畳スペースのメリット・デメリットと弊社の施工事例をご紹介しました。

育児や家事スペース、家族が集う場所としても小上がり畳スペースは重宝する空間だと思いますので、ぜひ検討してみて下さい!

みなさまの家づくりの参考になれば幸いです。

上田

ページ先頭へ
  • 最近のエントリ
    最近のエントリ
  • カテゴリー
    ブログ(744)

    ブログ(682)

    お知らせ(11)

    イベント(12)

    営業コラム(33)

    不動産(6)

  • ブログアーカイブ
  • (平日受付時間 9:00~18:00)
    お問合せ・資料請求・来店予約はこちら
    (平日受付時間 9:00~18:00)
    お問合せ・資料請求・来店予約はこちら
    本社
    岡山県津山市東一宮50-4
    TEL: 0868-35-3548(住宅事業部) / 0868-35-3528(不動産部)
    FAX: 0868-35-3568
    0120-202-255
    岡山店
    岡山県岡山市北区中仙道2-10-5 KTNビル3F
    TEL: 086-246-7177 / FAX: 086-246-7178
    0120-202-462
    倉敷店
    岡山県倉敷市真備町川辺123-3
    TEL: 086-486-1357 / FAX: 086-486-1363
    0120-202-417



    ページトップへ
    新築住宅やリフォームならニーズホーム